銀行のカードローンでも過払い金の返還請求はできるのか?

銀行のカードローンにおける過払い金を知る前に、過払いについて知る必要があります。過払いとは、利息制限法を超える金利が設定された場合に支払ったお金に対するものです。利息制限法では10万円未満の元本に対して金利20%まで、100万円未満で18%、100万円を超える場合には15%までの上限が決まりになっています。これを超える金利は過払いに該当します。
しかし、昔の利息制限法には罰則がなく、出資法に基づいた融資が頻繁に行われていました。出資法の上限は当時29.2%に設定されており、この金利で貸し出す消費者金融や信販会社が目立っていた事実があります。出資法が改正された後、本来の利息制限法が適用されるようになっています。
肝心の銀行のカードローンですが、そもそも銀行は利息制限法を超えるようなローンやカードローン借り換えの取り扱いがなく、消費者金融や信販会社よりも圧倒的な低金利が特長です。よって、銀行のカードローンで過払いが発生する例はなく、過去の返済に対する過払い金請求をすることはできません。
例外として、銀行側が誤って本来の契約内容とは違う金利に設定し、返済が行われた場合においては、請求が可能です。この場合には銀行に直接本人が問い合わせることで、直ちに対応してくれますから、弁護士や司法書士の力を借りなくても、過払い分のお金を取り戻すことができます。
ちなみに、現在の消費者金融や信販会社なら利息制限法を超える金利設定はしませんので安心しましょう。

キャッシングの返済方法は無理せず選ぶ

キャッシングで借入れたお金は、もちろん返済しなければいけないわけですが、その際の返済方法に関しては、自分で選択することができます。カード会社や業者によっても異なりますが、基本的に一括払いかリボ払いのいずれかとなります。
一括払いに関しては、借入れた翌月に全額を返済することになります。したがって、支払い利息は最小限に済むので、可能であれば一括で返済したところです。
一方でリボ払いに関しては、支払う金額を自分で指定することができます。最低支払い金額以上であれば、自分の好きな金額で返済することができるのです。例えば、最低支払い金額が5000円であれば、最低の5000円でもいいですし、あるいは8000円や1万円でも構わないのです。
ただ、リボ払いはどうしても返済までに期間を要することから、一括払いよりも支払う利息が多くなってしまいます。そのため、あまりリボ払いは利用しない方がいいイメージを持つかもしれませんが、あくまでキャッシングの返済方法は、無理せず選ぶことが重要なのです。
もしも、無理に一括払いをした場合、またお金の方が苦しくなって、再度キャッシングを利用してしまう可能性もあるわけです。それを繰り返すと、結局リボ払いを利用するよりも多くの消費者金融金利を支払うことになってしまいます。それだったら、最初から無理せず返済をした方がいいのです。
お金に余裕があれば、残りを一気に返済することもできるので、あくまでも自分に合った返済方法を選ぶようにしましょう。